新着情報

2021.07.01ブログ

「人」と「木」を もっと近くに。


6/26、27と宿毛市において取引先工務店の完成見学会が開催されました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため完全予約制での開催でしたが全枠すぐに予約で埋まり時間外見学の要望も入るなど

「木の家に住みたい」

という潜在的需要はコロナ禍において、さらに拡大したてきたのではないかと感じます。

ドイツをはじめヨーロッパにおいては、森林療法(セラピー)という医療が確立されており、人が本来持っている自然の力を引き出すために考えられた医療方法が科学的にもお墨付きを与えられています。

人は皆、自らの健康のためにと定期的な運動や健康的な食事を取る事には積極的に取り組みますが、「木」という自然素材に囲まれた住環境そのものが「人」へ好影響を与えるということまではあまり知られていません。木という素材は生活してる中でも、香りや手触りなど、素材そのものの良さが即生活環境となり、住む人に安らぎと潤いをもたらせてくれます。

良質な素材に触れながらシンプルで豊かな生活を始めると、食や子育て生活全般も実質を大切にし家族の身体や心持ちも変わってきます。

私たちの日常生活が「木」との深い関わりの中で成り立っている事を知り、先人たちが築いた緑豊かな山林に想いを馳せる事が、この日本の「木」文化を育み、住む人たちをさらに心豊かにしていくのかもしれません。

「人」と「木」を もっと近くに。